IRは企業のイベント開催などでも行われる

株式投資はかつては証券会社に行かないとできない部分がありました。そのために限られた人しか行えなかったとされています。現在はインターネットを通じた取引が一般的になっています。証券会社に行かなくても、自宅でインターネットを通じて行うことができます。IR情報を利用するとき、もっとも利用しやすいのがそれぞれの企業のホームページでしょう。こちらから所定の情報を見ることができます。適度に更新がされているので、比較的新しい情報を見ることができます。しかし毎日更新されるわけではありません。ホームページ上の情報公開が良く知られていますがそれ以外にもあります。企業がより知ってもらうためのイベントを開催することがあります。株主総会だけではなく、別途会社のことを知る機会が与えられます。投資家などはそれに参加をして情報を得ることができます。

IRとして行われる工場などの社内見学会

鉄道会社などは毎年一定の工場見学会を行っています。対象は鉄道ファンで、子供から大人まで多くの人が参加するようです。その他いろいろな会社では随時工場見学を受け付けているところがあります。事前に申し込んでおくとそれらに参加することができます。IR活動として工場見学などの社内見学会を行うところがあります。工場と言いますと企業にとっては機密情報も多くある場合があります。それだけに必ずしも情報公開したくないところもあるでしょう。一方で情報を公開すればその企業の良さを知ってもらえます。そこで定期的に工場見学などを行って、投資家などに今の会社の姿を知ってもらう活動をすることがあります。会社としては急に行うのではなく計画的に行うことができます。工場見学が常に行える状態になっていれば、対応はそれほど難しいわけではありません。

広報誌を出してIR活動を行う場合がある

大企業などでは広報と呼ばれる部門があります。主に企業外部とのコミュニケーションを専門的に行う部署になります。企業の中にはマスコミに取り上げられることが多い会社があります。その場合は広報を通じて行うことになります。広報は企業にとって最も良いアピールをすることになります。マスコミは興味があれば取り上げてくれますが必ずしも常に取り上げてくれるわけではありません。待っていても来てくれません。そこで積極的に情報を公開する方法として広報誌の発行があります。これを通じてIR活動を行うこともあります。広報誌の発信方法としてはまずはインターネットを通じてがあります。そして実際に印刷物として作成し、多くの人に見てもらうようにします。そうすれば企業のことをよく知ってもらうことができ、興味を持った投資家に投資をしてもらえる場合があります。