IRによって投資の判断を行うことができる

株式投資を行う場合にはそれぞれの会社のことを知る必要があります。会社のことを知るにはどのような事業を行っているかの情報も必要ですが、それ以外には財務情報なども必要です。どのような資産を保有していて、どのような経営活動をしているかがわかります。投資のは何を行おうとするなら、それぞれの企業が提供しているIRを利用します。企業自身は株主総会や税務申告などで財務情報を作成して提供しています。上場していない会社などなら特に一般に公開することはありませんでした。しかし最近では企業が積極的に情報公開を行うようにしています。多くの会社ではインターネット上にホームページを持っており、そのページの一部として情報を公開しています。こちらを見ることで健全な状態であるか、これからも売り上げを伸ばしていくことができるかなどを見ることができます。

IRの方法は企業にすべて任されている

投資家向けに企業はいろいろな情報を提供しなければいけません。上場すると経理担当者など会計情報を提供する部門は非常に忙しくなるとされています。もちろんそれによって資金調達がしやすくなったり、取引先を増やすことができるなどのメリットがあります。よく知られているのは四半期決算です。通常は期末の決算報告、中間期の中間報告がありました。それに加えてその間の四半期にもそれぞれ報告をする必要があります。これは上場をしている会社が行わなければいけない義務で必ず行わないといけないことです。IRは主に上場している会社などが行っています。こちらも法的に決まりがあり、方法なども決められているかです。こちらは四半期決算のように明確に方法が決められているわけではありません。方法は企業にゆだねられています。そのため各社で行う情報公開には差があります。

IR優良企業と株価との関連性を知る

株式市場では常に株価が売買され、市場が開場しているときにはどんどん株価が変化しています。高くなることもあれば安くなることもあります。基本的にはそれぞれの個々の財務情報などで売買が行われますが、最近はデイトレーダーなどによるテクニカルな取引も増えています。株価に影響する情報としてはそれぞれの会社がいかに優良な運営をしているかでしょう。財務状態が良いだけでなく、日ごろの取引でどのようなことを行っているかも重要になります。さらにはIR活動が優良になっているかどうかもポイントになります。株価が高い会社はIRも優良企業とされています。的確な情報をタイムリーに提供してくれるため、投資家は判断がしやすくなっているようです。それをもとに売却する人もいるでしょうが購入する人も増えます。株価を高く維持することができるようになります。