株式投資で重要な指針となるIR情報

IRというのは、企業が投資家に向けて財務の状況等を報告する活動のことです。パンフレットの形になることもあれば、企業のホームページ上での発表になることもあります。また、書籍に情報を掲載して一般に周知させる場合もあります。これらのIR情報をきちんと取得して精査することこそが、株式投資で最も重要なこととなります。IR情報にはその会社のことがほとんどすべて記載されることになります。詳しい人ならその情報から今後の株価も予想することができるはずです。公式な数字がたくさん記載されることとなるので、粉飾でもない限りは間違いのない正確な情報を手に入れることができます。その点で、他の情報とは一線を画するものだと言えます。ただ、そう頻繁に公開がされるものではありません。年に数回か、少なければ一回しか出されないこともあります。

企業によるIR活動について

IRとはインベスター・リレーションズの略で、企業が自社の財務状況や経営状況、これからの業績の動向などの情報を、投資家に対して発信する活動をいいます。日本では、投資家向け広報ともいわれます。IRは、その企業の証券価値について公正な評価を受けることを最終の目標として行われるものとされています。企業はIR活動によって株主や投資家などと意見交換を行い、相互の理解を深めて信頼関係を構築していきます。それによって、資本の市場において正当な評価を得ることを目指していきます。その際に外部から厳しい評価を受けた場合、それはその企業の経営の質を高めることにつながります。近年では、活動のための専用サイトをつくる企業が増加しています。また、株主や投資家など、直接に評価を左右する対象に対してだけでなく、顧客や地域社会などに対して活動する企業も増えています。

IRはとても重要な情報です

IRとは、インベスター・リレーションズのことです。財務状況や経営状況に関する情報を発信する行為のことを言います。投資家向けに行われていることであり、投資家はかなりこれをしっかりと見ています。上場企業であれば、特定の時期に財務諸表を公開するのは当たり前ですが、中間情報を出したり、その時々のリアルタイムの情報を発信できる点で、非常に重宝されています。日本ではそこまで重要視されていなかった行為ですが、株式市場の発展と間接金融から直接金融への移行が強まると同時に一気に普及した行為です。現状で最も多いのは、ホームページなどで公開する情報になります。手っ取り早く、世界に情報を公開できるのがインターネットであるからです。何か新商品やサービスの発表会などの時に同時に持ってくることもあります。相乗効果を狙えるからです。