IRには情報としての価値は

IRは何も投資家限定の情報ではないですが、その側面が強いのは確かです。日本では投資家向け経営情報などと言われることもあります。実際は、それが目的であることは確かです。実は日本ではそこまでIRが重要視されていたわけではないです。そもそも間接金融で資金調達をメインにしていたところも多く、上場企業ですら、義務付けられている情報以外は公開しないところもあったほどです。しかし、今ではそうではなくなっています。株式市場での外国の機関投資家などを意識して、頻繁にIRを出すようになっています。それで好材料と判断してもらい、株価を高くしてもらいたいと考えているからです。悪い方法ではなく、むしろ、素晴らしいやり方であるといえます。メインとしては、インターネットで公開しています。情報量が多いですから、デジタルデータで公開したほうが楽であるからです。

IRを出す理由について

色々な企業がIRを出していますが、実は義務ではないことが多いです。上場企業ですと財務諸表はしっかりと出す義務がありますが、一々細かなIRを出す義務はないです。その都度、出すほどの企業が最近では増えています。これはそれだけ市場の動向を気にしている、ということです。好材料であれば、株価を押し上げてくれるわけですから、公開しない理由がないです。IRの優良企業は、実際に株価もやや高目になる傾向があります。これは市場に信頼されている、ということでもあります。具体的なやり方ですが、今はホームページ上での情報をファイルなどで公開するのが多いです。或いは、展示会などを開いた時にはその時にも出します。新発売の商品や新しいサービスをする時に一緒に情報を出すことも少なからずあります。特に悪材料は好材料と一緒に出すのがベストです。

IRに関するやり方としては

IRのやり方がよい、頻繁ですとその企業は市場に信頼される可能性が高くなります。よい意味で、ということとは限らないですが、少なくとも嘘はつかない、情報をよく開示する企業としての認識を受けることができます。これは謂われない風評などに強くなる、ということでもあります。IRですが、日本の株式市場は半分以上が外国人投資家ですから、英語で出すのも重要です。これができるかどうかによって、良し悪しが決まるといっても過言ではないです。日本の企業は、資金調達の多くを間接金融にしていた経緯があります。今でも根強くありますが、株式市場、つまりは直接金融を意識するようになってきたのは確かです。それがIRを頻繁に、そして、誠実に出すようになってきた理由です。中身はともかくとして、頻繁に情報を開示する企業、と言う認識が欲しいわけです。

従来よりもサービス対象エリアの拡充を強化し、より多くのエリアにてお客様のご満足を全力でご提供いたします。 長年のノウハウを持つ革新的な証券代行業務により、お客様の証券業務を、サポートをさせて頂ける事が他社との違いです。 メリットはデータを用意しなくても簡単に名刺を作成できることで、あらかじめ用意されたデザインを選ぶだけで依頼することが出来ます。 IRについて知りたい方へ